友人

AMAZON

  • AMAZON
無料ブログはココログ

雑貨

2009年5月24日 (日)

SyncMaster 2494HM ようやくですかぁ~

2494_HM  昨年末あたりに SyncMaster 2494HS を買った際にはナゾな型番だった SyncMaster 2494HM なんですが…

今になって発売予定ということです。

液晶パネルの基本的なスペックは SyncMaster 2494HS と同じと思います。

異なる部分は、USBハブが搭載され、標準アームも下方向と回転に対応するというものです。

マニュアルもHSHMとで共通になっていましたので大幅な変更は無いものと思います。

価格、液晶サイズ、TNパネルを考慮すれば満足して使っている SyncMaster 2494HS ですので、 SyncMaster 2494HM も魅力的な製品になると思います。

ただし、操作スイッチがフェザータッチとなっており、反応が鈍いところは残念なところ。
それと、音声入力はPC系(デジ/アナ)/HDMI系の大別して2系統のみで、PC系の入力はアナログ音声のみに対応し、PCリセット程度の瞬間的な無映像でも反応してしまい音声が途切れるというのも使ってみて判ったことです。

もっとも、ソニーPS3とのHDMIも正常にでき、音声も2chとして自動認識されるため、PC+HDMIモニタとしても使えるのは便利なことです。

ゲームや動画再生に適したHDMI搭載24型液晶モニター SyncMaster 2494HM 新発売
<http://www.samsung.com/jp/news/newsRead.do?news_seq=13393&page=1&news_group=samsungjapannews&rdoPeriod=ALL&from_dt=&to_dt=&news_type=&news_ctgry=&search_keyword=>

サムスン、フルHD対応の24型ワイド液晶
<http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090521_169749.html>

SAMSUNG SyncMaster 2494HS 使用記
<http://affilie-blog.blogspot.com/2009/03/samsung-syncmaster-2494hs.html>

週末雑貨 affilie
<http://affilie.ntym.net/>

2009年3月15日 (日)

ヤマダの九十九で営業再開 ツクモの名が残る模様

突然の民事再生手続き開始で驚きを隠せなかった「九十九電機」さんの再生が見事に完了した模様です。

今後はヤマダ電機傘下の子会社として営業を存続していく模様で、アキバTSUKUMOの看板は残されるようです。

従来発行されてきた「ツクモ eX. ポイントカード」が新しくなり、新「ツクモ eX. ポイントカード」へ切り替える必要があるようです。
旧から新へはポイント移行も可能とされています。

このあたりから察するに、次のような手順を踏むと思います。

  1. 新「ツクモ eX. ポイントカード」を作成
  2. 旧「ツクモ eX. ポイントカード」から新「ツクモ eX. ポイントカード」へポイント移行
  3. 旧「ツクモ eX. ポイントカード」の消滅

新「ツクモ eX. ポイントカード」は、そのままヤマダ電機各店でも使用することができ、ツクモでも使用できるようです。

近所に「ヤマダ電機」があるaffilieですが、ポイントカードを作っていませんでした。

これを機に…

新「ツクモ eX. ポイントカード」を作成、ポイント移行を完了させて、「ヤマダ電機」で使うとするかなぁ~

ツクモがヤマダ電機グループとして営業再開、  ポイントカードは相互利用可能に
(http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090314/etc_tsukumo.html)

ツクモ改装終了! 新ポイントカードはヤマダと共通化!
(http://ascii.jp/elem/000/000/401/401462/)

「ヤマダ電機グループ 九十九電機(ツクモ)」、営業開始! 新ポイントカード発行/移行も
(http://akiba.kakaku.com/pc/0903/14/211500.php)

ツクモネットショップ
(http://shop.tsukumo.co.jp/)

カード切替POP画像 from Ascii様
(http://ascii.jp/elem/000/000/401/401459/img.html)

ツクモeX.ポイントカードへの切り替え
(http://www.tsukumo.co.jp/ex/kirikae.html)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

2008年11月 4日 (火)

ソフトバンクモバイルが冬モデルのケータイ16機種を発表

 ケータイ電話会社ソフトバンクモバイルは10月30日、「2008年冬商戦向け新機種について」を発表し、16機種の携帯電話機を投入すると発表しました。

 目玉は11月下旬に投入されるシャープ製931SH」だろう…。

 液晶ディスプレイが3.8型ハーフXGA1024x480という高画素数になる。

 私が加入しているドコモ(docomo)では、ワンセグが見れれば良い程度の854x480だけに飛躍的な高解像度化と云えるだろう。

 もっとも、気になるのは動作速度だろう…。
 こればかりは実機がないとナントモ云えないところです。
 所有しているP905iでも動作速度が遅いと感じる向きもあり、それよりも高い画素数ともなればレスポンスを犠牲にするか、バッテリの持続時間を犠牲にするしかないと思うのだが…。

2008年冬商戦向け新機種について
(http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2008/20081030_10/index.html)

ソフトバンク、2008年冬モデルを発表
(http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/42534.html)

時代は縦1024ドット――ソフトバンク秋冬16機種発表
(http://ascii.jp/elem/000/000/184/184180/)

ソフトバンク、タッチ液晶4機種など秋冬携帯16モデル
(http://av.watch.impress.co.jp/docs/20081030/sb1.htm)

 ケータイが話題となったところで…。

 通信販売のAmazonは、このほど携帯電話ストアを開店したようです。
 カテゴリは「エレクトロニクス」-「テレビ・レコーダー」-「携帯電話」となっていました。
 いまのところは、オプション品、「ソフトバンク」と「ウィルコム」の本体となっており、「ドコモ(docomo)」と「au」の本体は扱われていませんでした。

 最近の「Amazon」は、「楽天」化の様相を呈しており、ストアという機構を使って、直営ではなくテナントの販売も手掛けています。
 この「ストア」が曲者で、「Amazon OK」を逆手に読んだ「KO nozamA」という原因を招いているようにも思えます。
 特に、「Amazon」が直接扱っているのか、「ストア」が扱っているのかを表示はしていますが、非常に見難い。
 私は「Amazon」直接をチェックするようにしていますが、あの程度の違いじゃ~判らない方も多いのではないかと思います。
 このため、在庫チェックが厳密な「Amazon」直接と、在庫チェックが甘く価格も暴利設定される時もある「ストア」とが混在してしまい、「KO nozamA」と云われる原因を作っているのではないかと推察しています。

 ちなみに、「Amazon」直接で予約できた「DSiブラック」は、きちんと11月1日に届いており、「KO nozamA」にはならなかったですょ。

Amazon携帯電話ストア
(http://www.amazon.co.jp/keitai/)

Amazon.co.jpに「携帯電話ストア」オープン
(http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/42550.html)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

2008年11月 3日 (月)

電気料金値上げ反対デモ&ペットボトル入りボジョレ・ヌーボー…エコ関連

 秋葉原で一風変わったデモ行進が行われた模様です。

 「電気料金値上げ反対委員会」が主催した「電気料金値上げ反対デモ」がソレで、「アキバ総研」に記事が掲載されています。
 デモ隊の中には、コスプレガールも居たようで…なんともアキバらしいと云えばアキバらしい…。
 しかし、「アキバ総研」記事に記載されている主張を見てみると…真っ当なもので賛同できる内容に思えました。
 また、治安当局との衝突も無かったようですから、キチンとルールを守ったとも思え、正当なデモと思えます。

 まぁ~歳も歳ですから激しいデモには参加できませんが、主張の中の「省エネではダメ…自然エネルギー中心への転換」は好意が持てる。
 なにせ、これでも国家資格「エネルギー管理士」を所持していますからねぇ~。

 地球環境問題の最大の被害者は、これからの地球を担う若者や子供であり、そうした中でも有権者層が声を挙げる…これが大事なことだろう。
 今の政府与党の雰囲気としては、「どうせ選挙に来ないから…」と思っている節もあり、最後はキチンと選挙に行って意思表示をしてくれることを期待しますょ。
 なにも候補者名を書く必要はなく、気に入らなければ気に入らない意思を表明…つまり「無効票」と呼ばれる投票方法もあるんですから…。

 話は変わりますが、今度は国際的なエコの話です。

 世界的に有名かつ人気のワインである「ボジョレ・ヌーボー」ですが、解禁日を前に大エコ作戦が展開されそうです。

 「Ascii」様が報じているものですが、石油消費を減らし地球温暖化ガス排出量を削減できるとして「船便輸送の増加」、「ボトルをペットボトル化」するということです。
 もっとも米国向けとされています。

 どうやら、「地球温暖化対策」から逃げてしまったブッシュ現大統領を尻目に、大統領候補が挙って「地球温暖化対策」を唱え、米国人も真剣に考え始めたということだろう…。
 米国人は、勝手キママな国民性と捉えがちだが、国策として意思決定した時の集中力は世界一とも思えるほどの行動力を呈するだけに、「地球温暖化対策」も新しい時代に突入する可能性がありそうです。

 また、中国やインドなどの成長が激しい国も「米国」を非難し、サミット国の中で唯一のガン国家であった「米国」が方向転換しそうなのですから、エコ関連では目が離せないことになりそうです。
 もっとも、「地球温暖化問題」は米国人が発した警告なんですけどねぇ~。

 それにしても、米国ではペットボトルがエコの象徴とは驚きました。
 日本では再利用が立ち遅れており、他の材料への転嫁も遅れ、ヒタスラ焼却しては電気にするという石油代替の道しかないのですが…。

 個人的にはガラス容器でリターナ使用ってのが一番のエコと思うんだけどなぁ。

 それと、チョット前に発生したウィンナへのトルエン混入問題ですが、どうやら印刷工程で混じってしまったというが…。
 これもまた過剰包装への警笛と思えますねぇ。

 かつて日本が社会制度として実施してきた簡素な包装、購買を見直す良い時期とも思うのは私だけだろうか…。

秋葉原で「電気料金値上げ反対デモ」決行! 約70名が参加、コスプレなども
(http://akiba.kakaku.com/event/0810/31/203000.php)

ボジョレ・ヌーボーもエコ化、ペットボトル入り登場
(http://ascii.jp/elem/000/000/184/184138/)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

2008年10月26日 (日)

Bluetooth2.1+EDR対応のUSBアダプタ「AD-BTA2」を発売(アドテック)

 アドテックは10月23日、「アドテック、出力クラスClass2BluetoothV2.1+EDR対応・世界最小クラスのBluetooth USBアダプタ販売開始」を発表した。

 販売開始は10月30日ですが、直販サイトで予約受付が開始されており、価格は(税込)1,480円となっています。

 対応する出力クラスはClass2(10m)となっているので、ワイヤレスヘッドフォン程度でワイヤレススピーカシステムには出力が不足する感もあります。

 対応するプロファイルは、DUN/FAX/LAP/SPP/HID/HCRP/FTP/OPP/A2DP/AVRCP/GAVDP/HSP/HFP/PAN/BIPとなっていますが、10mですから不便も強いられる可能性があります。

アドテック、出力クラスClass2BluetoothV2.1+EDR対応・世界最小クラスのBluetooth USBアダプタ販売開始
(http://www.adtec.co.jp/pressrelease/2008/081023/)

世界最小クラスのBluetooth USBアダプタ AD-BTA2
(http://www.adtec.co.jp/products/AD-BTA2/index.html)

BluetoothUSBアダプタ [AD-BTA2][0500175600]
(http://www.adtec.co.jp/direct/index.php/product/2565)

アドテック、Bluetooth 2.1+EDR対応USBアダプタ「AD-BTA2
(http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/42402.html)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

三菱電機、デジタルTV機能を内蔵したFull-HD対応21.5型液晶モニタ「MDT221WTF(BK)」を11月7日に発売

 三菱電機は10月22日に、「業界初。地上・BS110CSデジタル放送チューナーを内蔵したフルHD対応ディスプレイ」としてMDT221WTFを発表した。
 また同日、同時に「輝度を約20%向上させた動画ブレ抑制技術「MP ENGINEⅡ」を搭載」としてMDT243WGを発表した。

 特筆すべきは、MDT221WTFの方で、PC向けモニタとしては世界初とも云える「地上・BS110CSデジタル放送チューナー」を内蔵し、解像度1920x1080でアスペクト比16:9となりFull-HDに対応させ、ステレオスピーカーも内蔵する。
 「BenQ」、「Dell」、「LG」からもFull-HD対応16:9の液晶ディスプレイは発売されるが、いずれも「地上・BS110CSデジタル放送チューナー」を搭載せず、HDMI端子からのみ対応する状況にあった。

 今回の三菱MDT221WTFでは、「地上・BS110CSデジタル放送チューナー」を内蔵し、「PinP」と「PoP」とも用意される。
 さらにステレオスピーカも「地上・BS110CSデジタル放送チューナー」内蔵を意識してか、「DIATONE」を冠したスピーカを内蔵するようです。
 もっとも技術だけでスピーカそのものかどうかは不明です。
 しかし、音の世界で「DIATONE」と銘打った以上は、今までのオマケ的な要素であったPCモニタ内蔵スピーカよりも遥かに高品質な音声が期待できそうです。

 さらにMDT221WTFでは、デジタルカメラで採用されている「ハイアングルモード」に似た「ルックアップモード」を搭載し、寝転び視聴にも対応するようです。
 入力端子も豪勢となり、ミニD-SUB15ピン、DVI-D(HDCP対応)、HDMIx2、D5+音声、Sビデオ/コンポジット+音声、アンテナ入力、B-CASカードスロット、PC用音声入力となっているようです。

 お値段はオープン価格としていますが、8万円程度と予想されているようです。

業界初。地上・BS110CSデジタル放送チューナーを内蔵したフルHD対応ディスプレイ
(http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2008/1022-b.htm)

輝度を約20%向上させた動画ブレ抑制技術「MP ENGINEⅡ」を搭載
(http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2008/1022-a.htm)

 また、同時に発表された24型液晶モニタMDT243WGは、解像度1920x1200、アスペクト比16:10のモニタとなります。
 あんまり特徴はなく、せいぜい従来機よりも画質向上を図った程度だろう。
 というよりも…いまさら16:10のモニタを注視しても魅力がないんだよねぇ。

三菱、地上/BS/CSデジタルTV内蔵の21.5型フルHD液晶
(http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1022/mitsubishi.htm)

三菱、3波デジタルチューナ搭載21.5型フルHD液晶
(http://av.watch.impress.co.jp/docs/20081022/mitsu1.htm)

三菱、残像低減と輝度の両立を図った24型液晶
(http://av.watch.impress.co.jp/docs/20081022/mitsu2.htm)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

2008年9月28日 (日)

NTT ドコモ(docomo)ショップに行ってパケホーダイ・ダブルへ契約変更&Amazon インスタントストアを設置しました

 過去2回に渡って記載してきました「NTT ドコモ(docomo)」様の新パケット定額サービスパケホーダイダブル」への契約変更手続きを、本日(9/28付)で行ってきました。
affilieが行ったドコモショップ店頭は殆ど混んでなく、受付で発行している「番号シート」を取ったらスグに対応してくれました。
 あまりにもアッ気なさすぎる状況を羅列してみると…。

affilie:ドコモショップに到着する。暇そうな男性職員が店頭の掃除をしていた。店内は既に1名が手続きを行っている様子だった。
affilie:オモムロに「番号シート」を取る。

 女性店員:機械を操作し、私がゲットした「番号シート」を案内する。
 女性店員:いらっしゃいませ。ご用件は…。

affilie:現在は「パケホーダイ フル」なんですけど、9月30日の24時で解約し、10月1日0時から「パケホーダイ ダブル」にしたい。

 女性店員:身分を証明するものを提示してください。
affilie:運転免許証を提示する。
 女性店員:契約変更手続を行う端末の電話番号を入力してください。
affilie:電話番号を入力する。

affilie:オモムロに女性店員をマジと見る。
affilie:やはり、ドコモショップ女性店員は…美女揃いでした~~~~~。
affilie:というよりも…キャリア直販系ショップ女性店員はドコも美女が多いというのは…本当ですねぇ。

 女性店員:契約変更の用紙を出し、「パケホーダイ ダブル」の冊子を用意した。
 女性店員:「パケホーダイ ダブル」の特徴は…話そうとしたところだったが、
affilie:今は「パケホーダイ フル」だったけど、フルブラウザを使わなければ安くなるんでしょ~。
 女性店員:途中で説明を辞めちゃいましたぁ~

 女性店員:では、こちらの契約変更書を確認のうえ、署名をお願いします。
affilie:ハイ。

 女性店員:控えを取りますので暫くお待ちください。
 女性店員:お待ちどうさまでした。手続きは終了です。

 これでお終いでした。

 んでもって、オチが…。
 対応してくれた女性店員のネームプレートを観るのを忘れてしまった…。
 たしか「プレミアクラブ」あたりで「顧客対応アンケート」やってたんだよなぁ~。
 ナイスな店員さんに一票…入れられない…泣
 と思いきや、契約変更書に氏名が書かれていました…ナイスな店員さんに一票を投じておこう~っと。

NTT docomo パケ・ホーダイダブルの受付開始は9月26日(金)
(http://affilie.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/ntt-docomo-926-.html)

新パケット定額サービス「パケ・ホーダイダブル」および「Biz・ホーダイダブル」の提供を開始 NTT docomo
(http://affilie.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/biz_ntt_docomo_923d.html)

 話はマルで変わり…Amazonです。
 遅まきながら、Amazonインスタントストアを設置してきました。

 その名も…「週末雑貨 Amazon館
 って、ストレートそのもの…。

 今はDVDだけにしていますが、今後はaffilieがデジモノに強くなれたお勧め図書、資格取得に役立った図書、今後は役に立ちそうな図書、ゲームや家電とオトコの視点で商品を並べていきますので参考にしてください。
 「習うより慣れろ」とは云え、内容が確りしている良書がなければ「デジモノに強く」なれません。
 トップページは未整理ですが、分類を上手く使っていこうと思っています。

 まぁ、Amazonじゃ~食べもの食材は…やっぱ、楽天Yahooショッピングだろうなぁ。

週末雑貨 Amazon
(http://astore.amazon.co.jp/affiliespaceslivecom-22)

投稿:週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

OKWave様から当選品が届きました…嬉

 昨日のことですが、「No.1 FAQ Company」を評するOKWave様から「クロネコメール便」が到着しました。
 以前に書いていた当選品です。
 喜び勇んで、早速に中身を拝見し、ケータイでパシャリ…です。

OKGoods_thumb[9]_thumb[1]

 いやはや、月末近くまでズレ込むとは…汗。

 写真は、送付されてきたモノの全てです。

 それにしても…
 ケータイでの撮影はムズい…それもカナリ…。
 P905iを使ったのですが、メーカーサイトにあるようなクッキリとしたイメージは…どうにも出せません。
 なにせ、手ブレ出まくりなので、ピントを合わせるだけでも四苦八苦…泣
 光量やら解像度やらは二の次になりました。

 ケータイカメラ手ブレしない撮影方法を探すとしますかねぇ

affilieも参加している「No.1 FAQ Company」OKWave
(http://okwave.jp/)

投稿:週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

2008年9月22日 (月)

SD系フラッシュメモリで有名なアドテック(ADTEC)がLED蛍光灯を発売

 SD等のフラッシュメモリの製造メーカーの1つであるアドテック(ADTEC)は、9月22日付の同社プレスリリースにおいて「myrisマイリスLED蛍光管販売開始」と発表しました。
 秋葉原界隈では「SD」や「microSD」、「USBフラッシュメモリ」で「ADTEC」のロゴを見た方は多いと思います。
 その「ADTEC(アドテック)」が、従来の蛍光灯よりも消費電力が少なくなる蛍光灯を発売します。
 今回の「ADTEC蛍光灯 (独断で命名)」は、発光体として白色LEDを用いた「LED蛍光灯」です。
 従来の蛍光灯のガラス部分に相当する部位を「透明」か「白色」にして2タイプを用意しているようです。
 よって、「白色」タイプは着色されている分だけ「透明」タイプよりも通過光量が低下するものの、内部のLEDが見えにくくなります。

 その「ADTEC蛍光灯」は、現在のオフィスでポピュラーとなっている直管型40W蛍光灯の代わりに使えるようになっています。
 つまり、「直管型40W蛍光灯」が切れ、交換する際に「直管型40W蛍光灯」ではなく、「myris LED蛍光灯」を使用すれば良いだけになります。

 「ADTEC」によると、消費電力は「22W~26W」とされており、単純計算では「40Wの6割程度」となります。
 明るさは、従来の「直管型40W蛍光灯」と同等としており、指向性の強いLED光を上手く拡散できているようです。
 もっとも、従来の「直管型40W蛍光灯」では上半分に照射された光を反射板で反射しており、鏡でも使わない限りは無駄が発生していたのです。今回の「ADTEC蛍光灯」は、そうした無駄を生じないようにし、更にLEDによる低放熱性も加わったことにより、実現できた低消費電力と思います。

 発売開始時期は9月26日、価格はオープンとされていますが、同社直販サイトでは既に予約が開始されており、直販価格は(税込)35,000円とされています。

 価格が価格だけに、寿命が気になりますが、50,000時間以上とされています。
 1日10時間、週5日とすれば、1,000週となり、52週/年で計算すると…19年とチョットということになります。
 ただし、程度問題として、「発光量の減少がどの程度まで進行した時のことか」までは不明です。

 また、従来の「直管型40W蛍光灯」ではガラスとされている表装をポリカーボネートにしているので廃棄する際の問題もありそうですが、19年先の技術に委ねるところも大きいだろう。

 オフィスで使用するとなると、点灯方式も重要な要素ですが、「ADTEC」によると、「スタータ(グローのこと?)式、ラピッドスタート式、電子式」に対応するとしています。つまり、殆どのオフィスで使用されている蛍光灯器具に使えるようです。

 今のところは、家庭用となる円形は無いですが、期待したいところです。

myrisled

 上が透明タイプ(MRLT-L-CP-D)
 下が白色タイプ(MRLT-L-DP-D)

 

myris(マイリス)LED蛍光管販売開始  ~約60%の低消費電力、5倍以上の長寿命
(http://www.adtec.co.jp/pressrelease/2008/080922/index.html)

 

ADTEC直販サイトのマイリス(Myris)蛍光灯のページ
(http://www.adtec.co.jp/direct/index.php/product-list/181)

 

 この文書は、Windows Live Writer で作成し、投稿したものです。

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

2008年8月31日 (日)

地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ「新・ヒューマンビエラ」 PZR900シリーズ 3機種を発売 by Panasonic

 PanasonicおよびAV Watchによれば、新型ヒューマンViera 3機種を9月10日より順次新発売していく予定です。
 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ「新・ヒューマンビエラ」 PZR900シリーズ 3機種の特徴は次のようになります。

  • Full-HD対応のプラズマディスプレイを採用
  • 容量1TBのHDDを内蔵し、レコーダ機能を搭載
  • デジタルシネマ規格に迫る広色域化に成功している模様
  • ダビング10/コピーワンスの両著作権保護機構に対応
  • Panasonicセンサーカメラに対応し、カメラ映像を表示可能
  • Panasonicドアホンカメラに対応し、カメラ映像を表示可能
  • ミニD-sub15ピンによるアナログPC入力に対応
  • 動画共有サイトYouTubeに対応

 この中でカメラ映像入力に対応するのはPanasonicならではの機能と思えます。
 住設機器、電設機器のシェアが大きな会社だからこその機能で、他社では実現困難と思えます。
 VieraということでAV機能に主眼を置きがちになりますが、こうした家庭にも優しい機能へも注目して欲しいところです。

 さらに動画共有サイトYouTubeに対応しているのも魅力があるものと思います。
 そのYouTubeでは、字幕機能を公開したようで、タイミング的にズバリ合っているのは、偶然の一致と思いますが、本機の機能を一層引き立てるモノになりそうです。

 

DLNA対応については未記入であるので不明ですが、おそらくは未対応と思われます。

 型番とインチ数は次のとおりです。

  • 42インチ:TH-42PZR900
  • 46インチ:TH-46PZR900
  • 50インチ:TH-50PZR900

PZR900シリーズ 3機種を発売
(http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn080826-3/jn080826-3.html)

 本文書はGoogle ドキュメント で作成し、公開しています。
 (http://docs.google.com/Doc?id=dcw8wfzq_24g8hszpg5)

 

週末雑貨  affilie
 (http://affilie.ntym.net/)

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ