友人

AMAZON

  • AMAZON
無料ブログはココログ

映画・テレビ

2009年6月13日 (土)

LG電子 バックライトに白色LEDを採用したW2486L-PFを発売予定

LGエレクトロニクス・ジャパン」は6月11日、「フルハイビジョン対応の24インチ LED モニタまもなく登場」を発表し、「W2486L(W2486L-PF)」を6月下旬から7月上旬にかけて出荷開始するとプレスリリースした。

今回発表された「W2486L(W2486L-PF)」でaffilieが注目するのは次の点です。

  1. バックライトに白色LEDを採用
    従来のCCFL(冷陰極蛍光ランプ)ではなく、白色LED84個を採用し、低電力化、高コントラスト化を実現しているようです。
    もともと電力消費の少ない液晶なので更なる低電力化は嬉しいことですが、イマイチな感もある。
    それよりも注目したいのが高コントラストの方だろう。
    コントラスト制御回路と併用となるが、メーカー公表では2,000,000:1というから驚きの液晶パネルです。これにより、従来よりも深みのあるブラックを堪能できそうですょ。ちなみに、画質が良いとされるプラズマTVでも代表的なところでは40,000:1だから、かなりの高コントラスト比だろう。
  2. フルHD(1920x1080)対応の24型
    最近のデジタルモデルに対応する1920x1080ドンピシャな解像度パネルを採用しているようです。
    大きさも23.xとかいう中途半端ではなく、24と明記されています。
    同じフルHD対応でも、1920x1200のPC向け16:10とは異なり、家電向けHDMI機器を接続した際の余計な黒帯領域が発生しないので安っぽく見えないだろう。
  3. 販売予想価格はメーカー公表で3万円前半
    気になるのが価格ですが、メーカー公表で3万円前半という価格設定らしい。
    仕様にも書かれていたので安堵していますが、このサイズで、この値段は露骨にTNパネルです。
    よって、視野角範囲が狭いので斜めには極端に弱くなりますのでナガラにはアーム等が別途必要になりそうです。
  4. 音声はHDMI入力デジタル音声をアナログ変換したイヤホン出力のみ
    残念なのが、24インチという大型のフレームでありながら、スピーカーを搭載していないこと。
    折角のHDMI2系統入力の魅力も半減かと思います。
    ただし、HDMIで入力されたデジタル音声を、アナログに変換し、イヤホン出力するようにはなっているので小型なスピーカーを配置したい。
    邪魔にならないのはおそらく、ポータブルタイプのスピーカーだろうねぇ。

フルハイビジョン対応の24インチ LED モニタまもなく登場
<http://jp.lge.com/ir/html/ABboards.do?action=read&list_code=PRE_MENU&seq=6232&target=pressreleases_read.jsp>

モデル : W2486L-PF
<http://jp.lge.com/prodmodeldetail.do?actType=search&modelCategoryId=030102&categoryId=030102&modelCodeDisplay=W2486L-PF>

LG、白色LEDバックライトの24型フルHD液晶 ~コントラスト比は最大200万:1
<http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090611_285711.html>

週末雑貨 affilie
<http://affilie.ntym.net/>

2009年5月24日 (日)

SyncMaster 2494HM ようやくですかぁ~

2494_HM  昨年末あたりに SyncMaster 2494HS を買った際にはナゾな型番だった SyncMaster 2494HM なんですが…

今になって発売予定ということです。

液晶パネルの基本的なスペックは SyncMaster 2494HS と同じと思います。

異なる部分は、USBハブが搭載され、標準アームも下方向と回転に対応するというものです。

マニュアルもHSHMとで共通になっていましたので大幅な変更は無いものと思います。

価格、液晶サイズ、TNパネルを考慮すれば満足して使っている SyncMaster 2494HS ですので、 SyncMaster 2494HM も魅力的な製品になると思います。

ただし、操作スイッチがフェザータッチとなっており、反応が鈍いところは残念なところ。
それと、音声入力はPC系(デジ/アナ)/HDMI系の大別して2系統のみで、PC系の入力はアナログ音声のみに対応し、PCリセット程度の瞬間的な無映像でも反応してしまい音声が途切れるというのも使ってみて判ったことです。

もっとも、ソニーPS3とのHDMIも正常にでき、音声も2chとして自動認識されるため、PC+HDMIモニタとしても使えるのは便利なことです。

ゲームや動画再生に適したHDMI搭載24型液晶モニター SyncMaster 2494HM 新発売
<http://www.samsung.com/jp/news/newsRead.do?news_seq=13393&page=1&news_group=samsungjapannews&rdoPeriod=ALL&from_dt=&to_dt=&news_type=&news_ctgry=&search_keyword=>

サムスン、フルHD対応の24型ワイド液晶
<http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090521_169749.html>

SAMSUNG SyncMaster 2494HS 使用記
<http://affilie-blog.blogspot.com/2009/03/samsung-syncmaster-2494hs.html>

週末雑貨 affilie
<http://affilie.ntym.net/>

2008年12月 7日 (日)

FLVとRMVBに対応するというチョット変わったメディアプレーヤーが登場…「DIGITAL MP4 AudioPlayer EX(DTLMP43G)」

 「サンコー」より、動画ファイル形式「AVI(DivX)/FLV/RM/RMVB」に無変換で再生対応するという3インチワイド液晶搭載のメディアプレーヤー「DIGITAL MP4 AudioPlayer EX(DTLMP43G)」が発売されるようです。

 気になる価格は、直販サイトで(税込)7,980円となっています。

 動画ファイル形式にRMRMVBがあり、無変換で対応するというのが素晴らしいと思います。
 このReal系のファイルに無変換で対応するというのは、なかなか無いとも思えます。

 逆にmp4やmp2、QT、WMVには非対応となっているのが残念です。

 また、FLVにも制約があり、「Youtubeには対応しますが、ニコニコ動画には対応しない」とされています。

 液晶モニタも、3インチ16:9ワイドとなっていますが、解像度は400x240とされており、若干の黒帯が出現する可能性もあります。

 本体には2GBのメモリが内蔵されているようですが、SDHC対応microSDにも対応しているので拡張は可能のようです。

DIGITAL MP4 AudioPlayer EX
(http://www.thanko.jp/digitalmp4player/)

サンコー、FLV再生対応/7,980円のメディアプレーヤー
(http://av.watch.impress.co.jp/docs/20081205/thanko.htm)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

BUFFALOからDTCP-IP対応のNAS「LS-XHL」が発売される模様

 「BUFFALO」は12月3日付で、「高速CPU採用により、高速転送を実現したネットワーク対応HDD~著作権保護規格「DTCP-IP」/スカパー!HD録画機能に対応予定~」を発表し、「LS-XHL」シリーズ2機種(1TB/500GB)を12月下旬に発売開始する予定です。

 気になる価格は、直販サイトで次のようになっています。

 製品公式ページに記載されている希望小売価格よりも安く設定されているようです。

 affilieも注目した最大の特徴はタイトルにもありますが、ネットワーク上のデジタル著作権保護機能DTCP-IP」に対応しているところです。

 以前に、デジタル放送の著作権保護機能ダビング10」を調べている際に出てきた「DTCP-IP」という目慣れないキーワードだったんですけど…

 製品のページを見る限りでは、後日実施予定のアップデートを行うことで、「レグザ」と「スカパー!HD用チューナー」、「リンクシアター」に限って対応するようになるらしいです。

 これにより、「スカパー!HD用チューナー」から「LS-XHL」シリーズへデジタル記録し、「LS-XHL」シリーズから「リンクシアター」に接続されているテレビで視聴することができるようになるようです。

 つまり、従来からあった「録画と再生が同一機器」という制約がなくなり、「DTCP-IP」に対応している機器なら「録画と再生が別な機器」でも良いことになるようです。

 まぁ~、私自身が著作権保護機能に精通していない「小室容疑者に騙され易い知識しか持っていない」ワケですので、ディープなツッコミは御遠慮ください。

高速CPU採用により、高速転送を実現したネットワーク対応HDD ~著作権保護規格「DTCP-IP」/スカパー!HD録画機能に対応予定~
(http://buffalo.jp/products/new/2008/000863.html)

LS-XHLシリーズ
(http://buffalo.jp/products/catalog/storage/ls-xhl/)

バッファロー、USBより約63%高速なGigabit対応NAS
(http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1203/buffalo2.htm)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

2008年11月 8日 (土)

東芝の新型REGZAに見る「超解像技術」の仕組と次世代技術

 「Ascii」様に今冬モデルの主流となる液晶テレビの「超解像技術」が記載されていました。

 まずは1ページ目の真ん中あたりにある芝生の比較を見てもらいたい。
 この違いを「答を見る」前に判った方は…かなりのツウですょ~♪

 ちなみにaffilieも判りましたけどね。

 答えは記事を見て欲しいので、ここでは書きませんが、この違いは大きいだろう…。
 特に大画面で、BDなんかで映画を堪能したいのなら違いは大きくなってくると思う。

 そして、ページを2ページ目に進めると「超解像技術」の仕組が記載されています。
 簡単に言えば、地上デジタルの画像を一度フルHDの解像度にアップし、そのフルHD画像を元の地上デジタルの解像度にダウンさせ、その映像と受信した映像との違いをチェックしていることになります。
 つまり、記事にも記載されているのですが、テレビ内部で仮のカメラ映像を作りだし、受信したものとの差異を割り出してから描写していることになります。

 この技術は次世代テレビの中核技術となる「4K2K」という技術への橋渡しになるような書き方にもなっています。

 「4K2K」とは、テレビの解像度を現在のフルHD規格である1920x1080の約4倍の解像度となる4096x2160ドットのことを指すようです。
 つまり、縦にも横にも2倍の高密度映像となるもので、実現されると…肌の粗い女優さんは見抜かれてしまうでしょう~♪

 記事の最後はリンク機能で締めくくられていますが、東芝REGZA」はパナソニックDIGA」とも連携が取れるようです。
 これには正直、驚きましたょ~。

 普通なら差別化したいところなので他メーカーを排除するのがセオリーなのですが、東芝REGZA」はパナソニックDIGA」との連携も可能になっているのは…太っ腹ということだろうか。

東芝の新型テレビ「超解像技術」に隠れた本当の狙いとは
(http://ascii.jp/elem/000/000/185/185568/)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

2008年11月 4日 (火)

フル3DCG映画「biohazard DEGENERATION」のBD/DVD/UMDの販売が早くも発表される

 全編フル3DCGで描かれた映画バイオハザードディジェネレーション(biohazard DEGENERATION)」が、ディスク販売されることとなり、販売日時が早くも公開されました。

 発売日は12月17日となっており、映像媒体も、BD、DVD、UMDとなっています。
 特にBDは映像のほか、5,000セット限定でフィギュアやブックレット等の特典が付いたパッケージも用意されています。

 主力のAmazonでは…サントラのみが予約開始されており、映画の分は未だのようです。

 価格は次のとおりです。

  • BD(通常版):5,980円

  • BD(フィギュア付):12,800円

  • DVD(通常版):4,980円

  • UMD(通常版):3,990円

 なお、収録される特典映像は媒体毎で異なる可能性はなく、単にフィギュアの付いたBDだけが特別なようです。

biohazard DEGENERATION公式サイト
(http://www.biohazardcg.com/)

バイオハザード ディジェネレーション コレクターズ・エディション-DVD
(http://www.so-net.ne.jp/movie/sonypictures/homevideo/cgi-bin/detail.cgi?goods_code=JDD-55777)

「バイオハザードディジェネレーション」DVDBDUMD発売決定
(http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20081101/bio.htm)

公開されたばかりのCG映画版「バイオハザード」が早くもBlu-ray
(http://av.watch.impress.co.jp/docs/20081101/spe.htm)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

ネットワークプレーヤの最終形か…エンティス「Popcorn Hour (ポップコーンアワー)シリーズ」を発売

 「エンティス(entis)」は10月29日、「フルHDコンテンツの再生とインターネット上のコンテンツやP2Pサービスに対応した ネットワークメディアプレイヤーキット「PopcornHour」を販売」を発表した。

 目玉となるのは、「PopcornHour」のうち、「A-110」と「B-110」の2機種になるだろう。
 「A-110」と「B-110」の値段は同一価格の(税込)27,800円とされています。

 違いは、形状に由来するところが大きく、ソフト的なところは同じようです。

 「A-110」は、箱入の製品となり、SATA接続のハードディスク1台を内蔵できるが、別途購入してくる必要がある。
 「B-110」は、ボードだけの製品となり、Mini-ITXケースに収まるように製作されており、SATA2ポート、PATA1ポート(2台ってことかな?)、USBコネクタも4つ用意されているようです。

 オンラインショップでは予約を受け付けていましたが、記事掲載した11月3日の時点で「B-110」は速くも予約終了の御礼が掲示されていました。
 もっとも、追加の予定もあるようですのでジックリと見極めえるのも良いだろう。

 対応するネットワークサービスは、Bonjour/UPnP/SSDP/DLNA/Windows Media Connect/Windows Media Player NSS/SMB/NFS/HTTP/Bit Torrent/FTPとされています。
 対応するWebサービスは、You Tubeのほか、主要なサービスへ対応しているようです。
 対応ファイル形式は、MPEG1/2/4、MP3、WMV、WMA、MOV、JPG、PNGほか…素晴らしい状態ですが、Real系だけは非対応のようです。

 しっかし、ここまで来ると最終形と云えるだろうなぁ~強烈ですw

フルHDコンテンツの再生とインターネット上のコンテンツやP2Pサービスに対応した ネットワークメディアプレイヤーキット「PopcornHour」を販売
(http://www.entis.co.jp/news/documents/popcornhour_20081029/index.html)

ポップコーンアワーについて
(http://www.baycraft.jp/popcornhour/000116.php)

PopcornHour A-110
(http://www.baycraft.jp/popcornhour/000113.php)

PopcornHour B-110
(http://www.baycraft.jp/popcornhour/000114.php)

YouTubeBitTorrent連携が可能なネットワークプレーヤー
(http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/23662.html)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

2008年10月26日 (日)

You Tubeファイルをダウンロードし、そのまんま再生するキワモノプレーヤ「PASEN F13」が発売

You Tube(FLVファイル)、AAC(iTune、iPodの標準音楽ファイル)、MP3、MP4にも対応するキワモノなプレーヤ「PASEN F13」がイタリアから上陸し、販売開始された模様です。

 国内ではハロッズ社が代理店を務める模様です。

 価格は「AKIBA PC Hotline」によるとパソコンショップアークで11,800円とされています。

 仕様は次のとおりです。

  • 液晶画面:3インチ ワイド型(16:9) 400x240ドット

  • 対応動画:AVI/DIVX/XVID/RM/RMVB/FLV(Sorenson H.263)/DAT/ASF/MP4/WMV/3GP/MPG

  • 対応音楽:MP3/WMA-VBR/APE/FLAC/AAC

  • 対応画像:JPEG/BMP/GIF/PNG

  • メモリ:内蔵4GB/拡張MicroSDHC 32GB

  • FMラジオ、ボイスレコーダ搭載

  • 電源:内蔵リチウムイオンバッテリー(3.7V)

  • 接続:USB2.0によるUSB-Storageによるものと推察

Pasen F13
(http://www.hallods.co.jp/1221628579795/)

ハロッズ F13の概要
(http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20081025/ni_cf13.html)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

地上デジタルチューナx2+衛星デジタルチューナx2を搭載したキャプチャボード「PT1」が発売されるも要注意

 「アースソフト」社から強烈なバルク仕様のビデオキャプチャカード「PT1」が発売された模様です。

 「PT1」の特徴は、地上デジタルチューナ(ISDB-T)を2系統、衛星デジタルチューナ(ISDB-S)を2系統備え、合計4TSもの同時受信に対応していながらも、ソフトウェアやデバイスドライバが一切付属されていないということだろう。

 価格は(税別)18,800円としており、(税込)19,740円となります。

 事前の人気は好評なようで、既に深夜販売が行われたと報じているデジモノサイトもあります。

 ただし、「AKIBA PC Hotline」にも記載されていますが、B-CASカードが付属しておらず、無理なことをすると「著作権法違反」にされてしまうケースもあるとのことで、注意を要するようです。
 つまり、ソフトウェア等が付属していないので公開されているSDKから自前で起こせる方は、「個人で愉しむ範囲においては…」という映像コンテンツ等でお馴染みの著作権表示なのですが、これを履行する必要がありそうです。

 現在も係争中となっている「Winny」を思い出して欲しい。
 逮捕罪状が「著作権法違反幇助」だと思いましたが、つまり、「著作権法」を「違反する行為」を「手助けした」というものです。
 つまり、現在の著作権法下において、「PT1」で視聴させるために開発したソースやプログラムを下手に公開すると、上記の「手伝い」と解釈され、法務当局の世話になる可能性もあるということです。

 また、「AKIBA PC Hotline」では優しい言い方になっておりますが、「B-CASカード」の利用規約に反することが予想され、場合によっては高額な「著作権料」を請求される可能性もありそうです。

 かく云う私はソースを自前で書けないので手を出しませんょ。

PT1
(http://earthsoft.jp/PT/index.html)

並ぶ!? 地+衛星デジチューナー「PT1」が明日から発売に!
(http://ascii.jp/elem/000/000/183/183163/)

B-CASカード無しの地デジ/衛星チューナー「PT1」が発売 25日には深夜販売も
(http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20081025/etc_earth.html)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

三菱電機、デジタルTV機能を内蔵したFull-HD対応21.5型液晶モニタ「MDT221WTF(BK)」を11月7日に発売

 三菱電機は10月22日に、「業界初。地上・BS110CSデジタル放送チューナーを内蔵したフルHD対応ディスプレイ」としてMDT221WTFを発表した。
 また同日、同時に「輝度を約20%向上させた動画ブレ抑制技術「MP ENGINEⅡ」を搭載」としてMDT243WGを発表した。

 特筆すべきは、MDT221WTFの方で、PC向けモニタとしては世界初とも云える「地上・BS110CSデジタル放送チューナー」を内蔵し、解像度1920x1080でアスペクト比16:9となりFull-HDに対応させ、ステレオスピーカーも内蔵する。
 「BenQ」、「Dell」、「LG」からもFull-HD対応16:9の液晶ディスプレイは発売されるが、いずれも「地上・BS110CSデジタル放送チューナー」を搭載せず、HDMI端子からのみ対応する状況にあった。

 今回の三菱MDT221WTFでは、「地上・BS110CSデジタル放送チューナー」を内蔵し、「PinP」と「PoP」とも用意される。
 さらにステレオスピーカも「地上・BS110CSデジタル放送チューナー」内蔵を意識してか、「DIATONE」を冠したスピーカを内蔵するようです。
 もっとも技術だけでスピーカそのものかどうかは不明です。
 しかし、音の世界で「DIATONE」と銘打った以上は、今までのオマケ的な要素であったPCモニタ内蔵スピーカよりも遥かに高品質な音声が期待できそうです。

 さらにMDT221WTFでは、デジタルカメラで採用されている「ハイアングルモード」に似た「ルックアップモード」を搭載し、寝転び視聴にも対応するようです。
 入力端子も豪勢となり、ミニD-SUB15ピン、DVI-D(HDCP対応)、HDMIx2、D5+音声、Sビデオ/コンポジット+音声、アンテナ入力、B-CASカードスロット、PC用音声入力となっているようです。

 お値段はオープン価格としていますが、8万円程度と予想されているようです。

業界初。地上・BS110CSデジタル放送チューナーを内蔵したフルHD対応ディスプレイ
(http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2008/1022-b.htm)

輝度を約20%向上させた動画ブレ抑制技術「MP ENGINEⅡ」を搭載
(http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2008/1022-a.htm)

 また、同時に発表された24型液晶モニタMDT243WGは、解像度1920x1200、アスペクト比16:10のモニタとなります。
 あんまり特徴はなく、せいぜい従来機よりも画質向上を図った程度だろう。
 というよりも…いまさら16:10のモニタを注視しても魅力がないんだよねぇ。

三菱、地上/BS/CSデジタルTV内蔵の21.5型フルHD液晶
(http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1022/mitsubishi.htm)

三菱、3波デジタルチューナ搭載21.5型フルHD液晶
(http://av.watch.impress.co.jp/docs/20081022/mitsu1.htm)

三菱、残像低減と輝度の両立を図った24型液晶
(http://av.watch.impress.co.jp/docs/20081022/mitsu2.htm)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ