友人

AMAZON

  • AMAZON
無料ブログはココログ

文化・芸術

2008年9月28日 (日)

OKWave様から当選品が届きました…嬉

 昨日のことですが、「No.1 FAQ Company」を評するOKWave様から「クロネコメール便」が到着しました。
 以前に書いていた当選品です。
 喜び勇んで、早速に中身を拝見し、ケータイでパシャリ…です。

OKGoods_thumb[9]_thumb[1]

 いやはや、月末近くまでズレ込むとは…汗。

 写真は、送付されてきたモノの全てです。

 それにしても…
 ケータイでの撮影はムズい…それもカナリ…。
 P905iを使ったのですが、メーカーサイトにあるようなクッキリとしたイメージは…どうにも出せません。
 なにせ、手ブレ出まくりなので、ピントを合わせるだけでも四苦八苦…泣
 光量やら解像度やらは二の次になりました。

 ケータイカメラ手ブレしない撮影方法を探すとしますかねぇ

affilieも参加している「No.1 FAQ Company」OKWave
(http://okwave.jp/)

投稿:週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

2008年9月25日 (木)

東京マラソン2009のランナー申込状況(最終)が発表されています

 東京マラソン事務局は、東京都の公式ホームページにおいて9月24日付「東京マラソン2009ランナー申し込み状況について」を発表しています。

 この発表による各区分毎の倍率等は、以下のようになっています。

  • マラソン

  • 定員: 30,000人

  • 申込:226,378人

  • 倍率:約7.55倍

  • 10km

  • 定員: 5,000人

  • 申込:35,603人

  • 倍率:約7.12倍

 いずれの区分も申込者数が定員を超過していますので、参加できるランナーは抽選になるようです。

 抽選の結果は、当否に関わらず、申込者全員に対し、11月中旬に通知されるようです。

東京マラソン2009ランナー申し込み状況について
(http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2008/09/20i9o700.htm)

 また、東京マラソン事務局は、東京都の公式ホームページにおいて9月25日付「13,000人の笑顔がチカラになる! ボランティア10月1日より募集開始!」を発表しています。

 こちらは、前述の東京マラソン2009を支えてくれる大会ボランティアの募集となっています。

 募集定員は先着順で13,000人とし、パンフレット配布は9月26日(金)から開始し、募集を10月1日(水)から開始するとしています。

 申込方法の詳細などは、東京マラソンホームページを参照してくださいとのことです。

13,000人の笑顔がチカラになる! ボランティア10月1日より募集開始!(http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2008/09/22i9p600.htm)

東京マラソン2009ボランティア申込方法
(http://www.tokyo42195.org/2009/volunteer.html)

 なお、東京マラソン2009の大会は、2009年3月22日(日)に実施される予定となっています。

 この文書は、OpenOffice.org Writer で起稿しています。

投稿:週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

2008年6月 5日 (木)

2016年のオリンピックを日本にっ!!

 今回は、本日未明(日本時間)アテネで発表された第31回オリンピック・パラリンピック競技大会の開催候補の中に東京も入っていたことです。

 まずは〜〜おめでとうっ!!だね。

 性格的にオマツリ屋みたいなところがありますので、オリンピックは大歓迎ですょ。

 是非とも誘致に奔走して欲しいねぇ。
 それと、今の小学生と中学生は、ちょうど選手として活躍する年齢ですから、最高のユメじゃないでしょかねぇ〜羨ましい。

 私は昔の東京オリンピックを映像と話でしか知りませんが、興奮は何となくでもわかりますょ。
 なにせ、長野冬季五輪に行きましたからねぇ。
 それも、目玉のジャンプ!!
 大騒動にもなった交通の便が悪かったことにより競技開始時間に遅刻させられた事は別として、会場に着いた途端に原田選手のズッコケジャンプを見ました。
 それと、当然のことながら表彰式も見て帰る予定にしていましたので、表彰式も見てきました。
 競技こそ見れなかったですが、女子モーグルの里谷選手が金メダルでしたね。
 たしか…「タエちゃん、ピッピッピッ」だったような〜。

 あの時の会場の興奮は今でも覚えています。

 それも寒い夜空の長野でしたので、夏季の東京は格段とヒートアップするものと思いますょ。

 東京オリンピック招致委員会のホームページも立ち上がっていますので御覧くださいねぇ。

   

東京オリンピック招致委員会のホームページ

 

週末雑貨 affiliie

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ