友人

AMAZON

  • AMAZON
無料ブログはココログ

ゲーム

2009年6月13日 (土)

LG電子 バックライトに白色LEDを採用したW2486L-PFを発売予定

LGエレクトロニクス・ジャパン」は6月11日、「フルハイビジョン対応の24インチ LED モニタまもなく登場」を発表し、「W2486L(W2486L-PF)」を6月下旬から7月上旬にかけて出荷開始するとプレスリリースした。

今回発表された「W2486L(W2486L-PF)」でaffilieが注目するのは次の点です。

  1. バックライトに白色LEDを採用
    従来のCCFL(冷陰極蛍光ランプ)ではなく、白色LED84個を採用し、低電力化、高コントラスト化を実現しているようです。
    もともと電力消費の少ない液晶なので更なる低電力化は嬉しいことですが、イマイチな感もある。
    それよりも注目したいのが高コントラストの方だろう。
    コントラスト制御回路と併用となるが、メーカー公表では2,000,000:1というから驚きの液晶パネルです。これにより、従来よりも深みのあるブラックを堪能できそうですょ。ちなみに、画質が良いとされるプラズマTVでも代表的なところでは40,000:1だから、かなりの高コントラスト比だろう。
  2. フルHD(1920x1080)対応の24型
    最近のデジタルモデルに対応する1920x1080ドンピシャな解像度パネルを採用しているようです。
    大きさも23.xとかいう中途半端ではなく、24と明記されています。
    同じフルHD対応でも、1920x1200のPC向け16:10とは異なり、家電向けHDMI機器を接続した際の余計な黒帯領域が発生しないので安っぽく見えないだろう。
  3. 販売予想価格はメーカー公表で3万円前半
    気になるのが価格ですが、メーカー公表で3万円前半という価格設定らしい。
    仕様にも書かれていたので安堵していますが、このサイズで、この値段は露骨にTNパネルです。
    よって、視野角範囲が狭いので斜めには極端に弱くなりますのでナガラにはアーム等が別途必要になりそうです。
  4. 音声はHDMI入力デジタル音声をアナログ変換したイヤホン出力のみ
    残念なのが、24インチという大型のフレームでありながら、スピーカーを搭載していないこと。
    折角のHDMI2系統入力の魅力も半減かと思います。
    ただし、HDMIで入力されたデジタル音声を、アナログに変換し、イヤホン出力するようにはなっているので小型なスピーカーを配置したい。
    邪魔にならないのはおそらく、ポータブルタイプのスピーカーだろうねぇ。

フルハイビジョン対応の24インチ LED モニタまもなく登場
<http://jp.lge.com/ir/html/ABboards.do?action=read&list_code=PRE_MENU&seq=6232&target=pressreleases_read.jsp>

モデル : W2486L-PF
<http://jp.lge.com/prodmodeldetail.do?actType=search&modelCategoryId=030102&categoryId=030102&modelCodeDisplay=W2486L-PF>

LG、白色LEDバックライトの24型フルHD液晶 ~コントラスト比は最大200万:1
<http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090611_285711.html>

週末雑貨 affilie
<http://affilie.ntym.net/>

2009年6月 3日 (水)

ソニー PSPの新型となるPSP go を本年秋に発売予定

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、本日(6月3日)付で「

新しいデジタルライフスタイルを提案する PSP® 「プレイステーション・ポータブルgo PSP®の新ラインアップとして、日米欧アジアにて2009年秋発売」を発表した。

それによると、日本では11月1日より希望小売価格26,800円(税込)で発売され、欧米では一足早くとなる10月1日よりUS$249、€249にて発売される予定です。

以下に報道発表より、affilieが注目する2つの部分を記載します。

  1. スライド方式3.8インチ ワイド液晶を搭載
    いままでのPSP(PSP-1000/PSP-2000/PSP-3000)は、液晶画面と操作部分がノッペラ1面となる構造でした。
    今回のPSP goでは、持ち運びの際は液晶画面だけが表面に出ており、遊ぶ際に液晶画面をスライドさせることにより、液晶部分下からキーバッドが出てくるようになっています。丁度、スマートフォンのような感じです。
    液晶解像度は480X272ピクセルは従来のPSPと同じですが、物理サイズが異なっています。PSP-3000では4.3インチとなっていましたが、今度のPSP goでは3.8インチへと縮小されています。
    物理寸法では、PSP goが128X16.5X69mm、PSP-3000が169.4X18.6X71.4mmとされていることから、PSP-3000に比べて縦長で厚ボッタく感じるだろう。しかし、持ち運びには便利なサイズと思われます。
    次に構造的に考えてみると、PSP goでは液晶部分を独立させることにより、PSP-1000の頃に発生していた、液晶画面内へのホコリ侵入、キーバッドの著しい強度不足が改善されている思います。また、横が縮小されているので持ち易そうにも思えます。
  2. UMDの廃止でオンライン専用機となる
    新しく投入されるPSP goではUMDドライブが搭載されていません。また、拡張ユニットにも言及されていないところから、PSP goではUMDを一切サポートしないものと推察します。
    そうなると、「ソフトウェアをどうやって」と考えるのは誰しもが思うことだろう。
    その答は既にプレス発表されていますが、「PlayStation Network」、「PlayStation Store」を拡充し、ダウンロードして遊ぶというものです。
    このため、本体搭載メモリが強化され、PSP-3000では本体メモリ64MBであったのが、PSP goでは16GBにまで拡張されています。
    ただ残念なのが、通信手段だろう。
    無線LAN、Bluetooth、USB2.0というもので、目新しいのはBluetoothを搭載した程度で、他はPSP-3000のマンマというところ。
    折角のオンライン専用機ならば、VAIO Type Pのようなケータイ直結も行って欲しいところではあるが…実はこれも難題が多くなる。バッテリの持ち時間のほかに、ケータイキャリアというハタ迷惑な仕組みがあるからです(ちなみにaffilieはドコモなので、他社対応は不要と考えてしまいます)。
    次に、今まで買ったUMDソフトが使えなくなるのかどうかについては、自分も不明です。
    PCへインストールして使用するためのソフトウェアCD-ROMが添付され、Media Goなるソフトウェアを使って「PlayStation Store」へ接続するらしいのだが…UMDソフトウェアを所有しているかどうかの管理までは行ってくれないと思うんだけど…。

新しいデジタルライフスタイルを提案する PSP® 「プレイステーション・ポータブル」go PSP®の新ラインアップとして、日米欧アジアにて2009年秋発売
<http://www.scei.co.jp/corporate/release/090603a.html>

週末雑貨 affilie
<http://affilie.ntym.net/>

2009年5月24日 (日)

SyncMaster 2494HM ようやくですかぁ~

2494_HM  昨年末あたりに SyncMaster 2494HS を買った際にはナゾな型番だった SyncMaster 2494HM なんですが…

今になって発売予定ということです。

液晶パネルの基本的なスペックは SyncMaster 2494HS と同じと思います。

異なる部分は、USBハブが搭載され、標準アームも下方向と回転に対応するというものです。

マニュアルもHSHMとで共通になっていましたので大幅な変更は無いものと思います。

価格、液晶サイズ、TNパネルを考慮すれば満足して使っている SyncMaster 2494HS ですので、 SyncMaster 2494HM も魅力的な製品になると思います。

ただし、操作スイッチがフェザータッチとなっており、反応が鈍いところは残念なところ。
それと、音声入力はPC系(デジ/アナ)/HDMI系の大別して2系統のみで、PC系の入力はアナログ音声のみに対応し、PCリセット程度の瞬間的な無映像でも反応してしまい音声が途切れるというのも使ってみて判ったことです。

もっとも、ソニーPS3とのHDMIも正常にでき、音声も2chとして自動認識されるため、PC+HDMIモニタとしても使えるのは便利なことです。

ゲームや動画再生に適したHDMI搭載24型液晶モニター SyncMaster 2494HM 新発売
<http://www.samsung.com/jp/news/newsRead.do?news_seq=13393&page=1&news_group=samsungjapannews&rdoPeriod=ALL&from_dt=&to_dt=&news_type=&news_ctgry=&search_keyword=>

サムスン、フルHD対応の24型ワイド液晶
<http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090521_169749.html>

SAMSUNG SyncMaster 2494HS 使用記
<http://affilie-blog.blogspot.com/2009/03/samsung-syncmaster-2494hs.html>

週末雑貨 affilie
<http://affilie.ntym.net/>

2009年3月 8日 (日)

NEC製無線対応ルーター WR8500N使用記

NEC」製無線LAN対応ルーターAterm WR8500N(PA-WR8500N)」の使用記です。

結果から書けば、購入してから2か月の間は「すこぶる安定した運用」が出来ています。

もっとも、無線LANはPSPDSのポータブルゲーム機でしか使用しておらず、殆どはPCの有線LAN接続だけとなっています。

私が購入するにあたり、注目したポイントは次のとおりです。

  • LAN側、WAN側ともにギガビット対応(ただし回線はB-fletsベーシックなのでWAN側は100Mになります)
  • オールギガビット対応によるスループットの速さが見込まれる(メーカー公表値は806M)
  • 無線LANは802.11n(Draft)に対応し、802.11a/11b/11gにフル対応
  • コンシューマ用途では、Yamahaと双肩をなすNECとしての品質の高さが期待できる(安定志向)
  • 危険なDSとの接続(WEP)を回避するマルチSSIDを実装
  • 値段的にもコンシューマ用途(150000円を切る)

今までは、Planex製BRL-04GP」を使用していましたが、接続が不安定となることが多くなったための買い替えです。

設定は全てWebから行えるようになっていました。
このあたりはイマドキの製品かと思います。

接続設定が完了し、イザ使い始めてみて気づいたポイントは次のとおりです。

  • 接続設定は5パターンを登録可能で、ルーティングやポートに応じた切替使用が可能なようです(私はISP1社、フレッツスクウェア1つの2つだけを使用)
  • IPアドレス設定がアリガチな192.168.1.0/24に固定されておらず、192.168.1.0~192.168.254.0の間で設定できるほか、任意(10.0.0.0/8)に設定可能
  • IPアドレス設定の自由度が高いためか、DHCPサーバーとして機能させた時の配布アドレスもアリガチな192.168.1.0/24に限定されない
  • ルーターにFirmwareアップデート機能が内蔵されており、任意に実行させてアップできる
  • パケットフィルタエントリは最大50個まで登録可能
  • MACアドレスフィルタリングエントリは最大32個まで登録可能

次に、もう少し改良して欲しいポイント、残念なポイントは次のとおりです。

  • 802.11a系と802.11b/11g系とを同時に使用できず、切替使用のみとなっています
  • 無線動作モードを「自動」にし、オートチャネルセレクト機能で5GHz帯まで有効にさせた際に、私のようなポータブルゲーム機だけの環境では子機を拾い上げてくれません
  • 悪質サイトブロック機能は無償ではなく、有償サービスとなっています
  • DMZ機能はPlanex製のようなポート毎の割振機能(バーチャルサーバー機能)ではなく、全ポートを指定した1つのIPアドレスに転送するだけです

なお、DSの危険性については既報です。

どうやら、PA-WR8500Nは普通のアクセスにはお勧めできる1機種になりそうです。
ただし、独自サーバー公開の用途では少し貧弱な部分があるので、補完する必要があります。
私のところではBRL-04GPがあるので、そのバーチャルサーバー機能を間に噛ませるという方法もありそうに思います。

WR8500N
(http://121ware.com/product/atermstation/product/warpstar/wr8500n/index.html)

NEC/日本電気 Aterm WR8500N PA-WR8500N 価格比較
(http://www.coneco.net/PriceList/1071128337/order/MONEY/)

BRL-04GP
(http://www.planex.co.jp/product/broadlanner/brl04gp.shtml)

DSiの無線LANは要注意だった…WEPから脱却できず
(http://affilie-blog.blogspot.com/2008/11/dsilanwep.html)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

2009年1月13日 (火)

Windows 7 Beta 日本語版が一般公開される

明けましておめでとうございます。
今年は、次期WindowsとなるWindows7ネタからスタートです。

一般向けの「Windows 7 Beta 日本語版」が公開されていました。

入口となるアドレスは次のようです。
和文のページを探してみましたが発見できなかったので、英文のページです。

http://www.microsoft.com/windows/windows-7/beta-download.aspx

ダウンロードには、Live IDが必要になっています。
また、言語毎だろうと思いますが、ダウンロード数には制限があり、250万ダウンロードで終了するようです。

おっとぉ~

FEDORAも年末に10へアップデートされていましたねぇ。

こちらも機会があれば記事にしていきたいと思います。

なお、ドキュメントによれば、Fedora10でもPPCがサポートされ、Cellプロセッサつまり、ブートイメージを別途調達することで、PS3に使えるようになっているみたいです。
こちらも機会があれば試してみたいと思います。

えっ!?

PS3は持ってなかったんじゃ~!?」

昨年末に24型ワイド液晶モニタ2台のほか、ルーター、スイッチングハブと共にPS3(80GB)を購入しました。
まぁ~使用記は後ほどに致しますが、どうにかこうにかPS3を購入しました。

もっともPS3のデフォルト状態でLinuxをインストールするのは酷ですので、外付キットでも購入してからになります。

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

2008年12月 7日 (日)

九十九は永久に不滅です…起爆材となるか!?「ドリキャス改造PC(非売品)」がデモ開始される

 息を吹き返しつつある「九十九電機」さんで、かつてのゲーム機「ドリームキャスト」を使った改造PCがデモ開始された模様です。

 非売品であるため、デモを見るだけになりそうですが…

 写真で見ても、その出来栄えは「秀悦」そのもの。

 個人的には「非売品」でなく、ショップオリジナルとして「専売品」にして欲しいと思いますょ~。

 さて、その「九十九電機」さんですが…

 個人的には利用は少ない部類です。

 理由は価格が相場よりも若干高目というだけです。
 同じものなら安く買いたい…ただそれだけです。

 しかし、たまに「九十九電機」さんを利用するときもあります。
 この時の理由は、在庫情報が確実で、店員さんにも好感が持てるからです。

 こうした社風というか店員さんの気概を好しとする向きもあり、存続を支持する意見を多くみることができました。

 金銭には現れないと思いますが、嫌われていないことはブランドとして重要な要素と思います。

 営業形態の今後は気になるところですが、「九十九電機」の看板だけは残して欲しいと思います。

「ドリームキャストPC」がデモ開始、パッドも秀逸改造 アナログスティックやビジュアルメモリも活用
(http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20081206/etc_tsukumo2.html)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

Cellプロセッサ搭載のSony謹製サーバーが登場…構成はPS3!?

 「SONY」は、SCEIが販売しているPS3で採用されているCPUのCellと、GPUのRSXを搭載した1UラックサイズのコンピューティングユニットBCU-100」を発売した模様です。

 「BCU-100」を「ZEGO」シリーズと呼称するようでもあります。

 デザインは、1Uラック向けとなっているため、PS3とは似ても似つかぬ様相となっています。

 プレスリリースを発見することはできませんでしたが、「PC Watch」様の記事によると、コンピューティングユニット向けに機能強化されたPS3という印象を受けました。
 また、価格を確認することができず、OSも付属していないということです。
 別途OSを用意する必要がありますが、動作確認済みOSとして「Yellow Dog Enterprise Linux for BCU-100」というPS3Linuxを改良したLinuxが推奨されているようです。

 「Yellow Dog Enterprise Linux for BCU-100」を「Fixstars」サイトで確認することはできなかったが、PS3Linuxとなる「Yellow Dog Linux for PS3」は確認することができました。
 「Yellow Dog Linux for PS3」は有償Linuxと思われますが、Fedoraで巧くできない時は保険の論理で使ってみる手はあろうかと思います。

BCU-100 BCU-100_004

BCU-100
(http://www.ecat.sony.co.jp/business/video_production/products/index.cfm?PD=33164&KM=BCU-100)

ソニー、“PS3構成”の1Uラックマウントサーバー
(http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1205/sony.htm)

Yellow Dog Linux 6.1 DVD for PS3(筆者注:情報確認のためのリンクで、ショップですので決済は御自身で熟慮してください)
(http://us.fixstars.com/store/index.php?submit=software&submitimg[software][ydl]=1)

Terra Soft to Provide Linux for PLAYSTATION®3.
(http://us.fixstars.com/news/2006/2006-10-17.shtml)

Terra Soft、PS3用Linux「Yellow Dog Linux v5.0
(http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/1019/tera.htm)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

2008年11月 9日 (日)

DSiの無線LANは要注意だった…WEPから脱却できず

 「ニンテンドー」の新型DSとなる「DSi」が11月1日に発売され、affilieが11月3日にDSiブラックを受け取ってから、いろいろと興味本位に試しているのですが、期待していた無線LAN機能はハズレだったことが判明しました。

 期待していた無線LANWPAは肩透かしを喰らったような感じです。

 無線LANの暗号化規格であるWEPが10秒程度で突破されるという学術論文が発表され、話題となりました。
 そんな中で、cnetからWPAも突破されるというニュースが飛び込んできました。
 内容をみると、WPAのうち、TKIPということでしたのでホッとしています。
 無線LANの暗号化規格であるWPAまたはWPA2で使用される多くはTKIPAESであり、このうちTKIPは以前から警笛されていた方法です。
 一方のAESは米国国防総省が採用している現在では突破されないと云われている暗号化規格で、無線LANのほか、ファイルの暗号化方式としても採用されています。

 このため、「DSi」の無線LANを設定してやろうと思ったら…「WEP」しかない!?
 マニュアルを見ると…「上級者用」ボタンから設定する必要があることが判明しました。
 これだけなら、なにも大騒ぎする必要がないのですが…

 実は「DSi」の無線LAN機能には2つのモードらしきモノが実装されています。

 一つは従来との互換で動作するモード、もう一つが新しく追加されたモードです。

 このモードによる違いが大きな落とし穴になります。
 つまり、インターネット接続設定番号1~3は「従来との互換で動作するモード」に割り当てられているようで、無線LAN暗号化通信は「なし」か「WEP」だけになります。

 インターネット接続設定番号4~6が「新しく追加されたモード」に割り当てられるようで、WPA以上の暗号化通信を使用できるようです。
 ところが、DSゲーム無線LAN(Wi-Fi)を使うには、インターネット接続設定番号1~3のみを使用するとマニュアルにシッカリと書かれています。
 よって、インターネット接続設定番号4~6はゲームで使用できず、DSiショップDSiブラウザからの使用だけに限定されるようです。

 このことから、WPA接続に移行しようにも移行できない仕様ということが判明しました。

 どうやら、私の所有している親機を、WEP接続はWAN接続のみにしてくれたり、SSIDを2つ登録して対応できる新しいモノに買い換えろってことなんだろうけど…。

 こうなっては仕方ないので、元のWEP接続に戻してしまいました。
 どうやら、MACフィルタリングSSID隠蔽で防御するしかないようです。

 おっと…

 上述していますが、「DSi」でWPA接続を使用するにはマニュアルに書かれているように「上級者用設定」ボタンから設定画面に入らないとダメです。

 また、マニュアルでは「上級者用設定」ボタンからの設定は「自動設定機」を例に記入されていますが、「手動」も用意されています。

 私のところの親機は「自動設定機」ではない古い親機でしたので、「上級者用設定」→「手動」でWPA-PSK(AES)を定義して試験し、開通したことを確認しております。

 予約開始と同時に争奪戦となった「DSi」ですが、発売開始2日間で17.5万台も売れたようです。

 しかも、店頭消化率(入荷した台数のうち、どれくらい販売できたかを表す率)も90%となっており、入れば完売という状況だったようです。

 こりゃ~お年玉商戦が終わるまではゲリラ的に発売される「DSi」販売情報を察知して、買いに行くしかないかもしれません。

ニンテンドーDSiブラックが111日に到着するも受け取れず…泣
(http://affilie.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/dsi111-6e42.html)

無線暗号化技術「WPA」、一部解読される
(http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20383270,00.htm)

ニンテンドーDSi2日で17.5万台! PS34万台超え!
(http://ascii.jp/elem/000/000/186/186393/)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

2008年11月 4日 (火)

ニンテンドーDSiブラックが11月1日に到着するも受け取れず…泣

 「Amazon OK」でした…笑

 通信販売サイト「Amazon」で、Amazon直接を確認して予約した任天堂改良型携帯ゲーム機DSi ブラック」が予想よりも前となる11月1日に到着しておりました。

 当初の予定では11月2日出荷、11月3日に到着と思っていただけに嬉しい前倒し到着となりました…が、しかし~なのです。

 というのも、11月1日と2日は留守となっており、11月3日に受領しました。

 さて、私のところの「DSi ブラック」は「拝んで箱入り」なので、デジモノサイトの記事を読んでみてください。
 いやはや、速くもアップされてますねぇ~レビューが…。

新型「ニンテンドーDSi」ついに発売!秋葉原では販売直後に売り切れる店舗も
(http://news.dengeki.com/elem/000/000/117/117724/)

ニンテンドー Dsiハードウェアレポート
(http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1101/nintendo.htm)

見た目も中身も機能アップ! 進化を感じさせる ニンテンドーDSiレポート
(http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20081101/dsi1.htm)

WPA11gに対応。ネット機能を強化した「ニンテンドーDSi
(http://bb.watch.impress.co.jp/cda/special/23709.html)

 で、見てみると…イマイチ。

 まぁ~発売開始直後の状況だから仕方ない…。

 ちなみに私が「DSi ブラック」を「拝んで箱入り」させた理由は一つ…液晶保護フィルムが無いからです。
 前機となってしまった「DS Light」よりも0.25インチだけ液晶画面が大型化してしまったので、対応する保護フィルムを買ってこないと…。
 なにせ、上画面は表示だけだから良いのですが、下画面は最初から保護しておかないと…タッチペンはコワイw

 それに埃が付着する前に処理したいしねぇ~。

 本来なら、無線LAN設定を「WEP」から「WPA」に切り替え、MACアドレスフィルタリング設定を定義し、固定DHCPを定義してやりたいのですが、「WPA」にすると…「DS Light」がネットワークから抹殺されてしまいます。

 むぅ~完全に置き換えるには@1台が必要なのだが…今の状況では贅沢だなぁ。

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

2008年11月 3日 (月)

ピンク色のマウスが発売…ターゲットは女性ゲーマーか!?

 デンマークのマニアックゲーマー向けデバイス会社「SteelSeries」は、女性をターゲットにしたと思われるピンク色のマウス「SteelSeries Ikari Laser ピンク色」を発売した模様です。

 製品パッケージに「iron.lady」と冠しており、ピンクのほか、ホワイトもあるようです。

 ボタン数は5となっており、中央にホイールもあり、形状としては一般的なマウスと思われます。
 接続はワイヤードUSBとなっています。

 まぁ、マウスとしての仕様は平凡なのですが…。

 カラーリングで女性に受けるかどうか…でしょうねぇ。

Steelseries IKARI LASER
(http://steelseries.jp/products/mice/ikari_laser)

女性ゲーマー向け!? SteelSeries製マウスにピンク追加!
(http://ascii.jp/elem/000/000/185/185143/)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ