友人

AMAZON

  • AMAZON
無料ブログはココログ

« OpenSUSE 11.3 で四苦八苦 インストール編 | トップページ | Joomla! で四苦八苦 WIMP環境編 »

2010年11月 3日 (水)

Mozilla Firefox で「日本語.net」を表示させる…idnconv

日本語.jp」なら難なく、日本語版Firefoxのデフォルトでスンナリと表示してくれます。  
しかし、「.com」と「.net」はデフォルトで表示してくれません。  
このあたりの詳しい説明は↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%83%89%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%90%8D

どうやらアルファベット圏におけるフィッシング詐欺対策の影響に引き釣られているようです。  
しかし、これでは非常に使い難いです。

                                             
Punycode 週末雑貨.ntym.netFirefoxで表示させたところです。        
「週末雑貨」がpunycode変換され、「xn—7pv974fsnc47i」として表示されている。        
アルファベット圏ではフィッシング詐欺対策で有効かもしれませんが、日本語圏では非常に不便です。        
※「.jp」や「.org」等はデフォルトで対応していますが、「.com」と「.net」は対応していません(デフォルトの対応状況は上記Wikipediaからリンクされています)。        
そこで、Firefoxの定義を修正し、表示できる方法を記載しておきます。
Photo        

週末雑貨.ntym.netを修正後のFirefoxで表示させたところです。          
「週末雑貨」がpunycode変換されずに日本語で表示されています。          
日本語ドメインは、「.jp」のほか「.com」と「.net」で売り込みが始まっていることと、ホスティングサービスにおける3rdドメイン部分として日本語が提案されていることを考えると、最初から日本語表示する方が判り易いと思います。

      

 

                       
Photo_2 ①アドレスバーに「about:config」を入力し、定義項目を表示させる。        
②フィルタバーに「IDN」を入力し、「IDN」関係だけを表示させる。        
③リスト部分の適当な処で右クリック→新規作成→真偽値→設定名「network.IDN.whitelist.net」→真偽値「true」を入力        
④念のためFirefoxを再起動させる        
⑤他のTLDにも対応させる場合は、上記③を繰り返すだけ        
※「ntym.net」を実験的に登録してみましたがダメでした。この項目はTLDだけに影響するようです。        

上の作業をしていて、フと気になることがありました。  
それは、TLDとして既に20チョット程が登録されています。  
アラビア語等で取得したとは聞いていましたが、調べてみるとロシア語と思しき文字も見受けられました。

しかし、将来導入が予定されているらしい「.日本」つまり「.xn--wgv71a(と思う)」が登録されていません。  
今のところは運用が行われていない状況なので登録されていないのは当たり前と思いますが、早急に対応してくれる保証もないと思います。  
その場合は、上記の方法を試してみてはいかがでしょうか。  
なお、ナゼかデフォルトとして「.xn--zckzah」つまり「.テスト」が登録されていたりするのはフシギです。

それと、Linuxの場合にはPunycode変換を助けてくれるツール「idnkit」がインストールされていることと思います。  
この「idnkit」は以下のリンクで配布されており、ドキュメントも公式リンクは無いっポイですが、Googleからは飛んでいけるようです。

国際化ドメイン名ツールキット(idnkit)バージョン1.0  配布開始のご案内

idnkit ドキュメント

使い方の見本として、Windows XPTTSSH(Tera Term)からOpen Suse 11.3に接続した状況で記載しておきます。  
(一部は塗りつぶしで対応しています)

                       
Idnconv Open Suse 11.3idnconvは、デフォルトでファイルが対象となっており、コンソール入力にはオプションが必要です        
②1つ目のコマンドは、日本語→Punycodeの場合で、コンソール入力(-flush)させています。終了はCTRL+Cで行っています        
③2つ目のコマンドは、Punycode→日本語の場合で、コンソール入力(-flush)させています。終了はCTRL+Cで行っています。        
※日本語文字コードをUTF-8(イマドキのLinuxのデフォルトはUTF-8となっています)

こんなような記事を書いていますが、苦手なモノもあります。  
それは…  
CMSに代表される、スクリプト、ソース、コード、タグ、プロパティという言葉に代表される分野…  
つまり、ソフトウェア関係はズブの素人です。  
PCサーバーをリニューアルし、新マシーンへと移行したついでにCMSを導入しようと四苦八苦中です。

 
週末雑貨 affilie

« OpenSUSE 11.3 で四苦八苦 インストール編 | トップページ | Joomla! で四苦八苦 WIMP環境編 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222630/49919645

この記事へのトラックバック一覧です: Mozilla Firefox で「日本語.net」を表示させる…idnconv:

« OpenSUSE 11.3 で四苦八苦 インストール編 | トップページ | Joomla! で四苦八苦 WIMP環境編 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ