友人

AMAZON

  • AMAZON
無料ブログはココログ

« Fedora 12 で四苦八苦 | トップページ | OpenSUSE 11.3 で四苦八苦 インストール編 »

2010年3月 1日 (月)

Fedora 12 で四苦八苦 dmraid編

昨年11月29日以来の久々のアップです。

 

Fedora11になってから、socket478 Pentium4マシーンのICH5に接続していたSATAドライブがインストーラから見えない現象…   
これの原因がようやく判明しました。

 

自分のところのチェックミス&インストーラの挙動変更にありました。

 

今までSiliconimageとか、Promiseとか、挙句の果てにはIntel ICHxxRSATAナンちゃってRAIDコントローラに接続し、JBODとかの情報が残っていたのです。   
WindowsFedora10は、そのHDDを、なんの変更もすることなくICH5に接続してもスンナリ動作しました。

 

ところが、Fedora11以降(実際にチェックしたのはFedora12)では、挙動が変更されたようで、コレを認識しない…。   
この現象に気が付いたのは、Fedoraを見限ってOpenSUSEに移行してみようと作業をしている最中でした^^;

 

dmraidをイジっているうちに…旧いJBOD設定が見えるではありませんかぁ~><   
そこで、勉強がてら操作してみると…アラフシギw   
今まで、ダメだったものが急に使えるようになってしまいましたとさ…\(◎o◎)/!

 

まずは、dmraidの簡単な使い方です。   
(ソースを追跡できないので上級編は書けませんが…)

 

ドキュメントとかの先頭にある   
dmraiid –s   
が基本のようです。   
もっとも個人的にはLinuxの基本でもある--helpが基本中の基本と思うのだが…   
dmraid –help

 

「dmraid -s」を実行すると、print Screenの短縮形の如く、接続されているHDDに保存されているRAID情報を表示してくれます。   
最初にコレに気が付くべきだったんですが…仕方ない><

 

次に出てくるのが次の2つだろう…   
dmraid –ay   
dmraid –r

 

「dmraid -ay」は、Activate Yesの略で、有効にさせるというものらしい…   
「dmraid -r」は、discoveredのようで、短縮形にもなっていないので連想し難い><

 

これらはRAIDセットを有効にしたり、単に表示させるだけなので各自でテストしてみて欲しい。

 

気をつけなけければならないのが次の2つだろう…   
dmraid –rE   
dmraid –x

 

「dmraid -rE」は、/dev/sdaや/dev/sdcに保存されているRAID情報(metadata)をEraseするものです。   
「dmraid -x」は、BIOS保存されている正常なRAIDセットを分解するものらしい…

 

つまり、自分のケースでは、「dmraid -rE /dev/sda」としてhdaに格納されているRAID構成情報を削除すればOKでした。

 

では、逆にRAIDセットをdmraidで作成してやるには…   
dmraid -f isw -C GRAID5 --type 5 --disk "/dev/sda,/dev/sdb,/dev/sdc"   
このコマンドの意味は次のとおりです。   
-f isw:Intel SoftWareによるRAIDフォーマットとする(他にもjmicronとかnvとかpromiseもあるがエラーで拒否られる)   
-C GRAID5:GRAID5という名前のRAIDセットを作る(RAIDセットの名前ということです)   
--type 5:RAID5(他に0はストライピング、1でミラーリングも作れる…但し、RAID5と書くとエラーなので数字だけ)   
--disk:ダブルクォーテーションで括り、カンマで区切ること

 

fake RAIDカードでどうしても、巧くいかないときは、上記のコマンドを使い、むりやりiswフォーマットで通してしまうという荒業も可能なようです。   
ただし、荒業なので自己責任です。

 

これでfake RAIDをあたかもハードRAIDのように使えるようにはなりますねぇ~   
随分と進歩したものです…ソフトウェアもw   
ただし、本格的なRAID管理ソフトがLinuxには用意されていないのでWindowsのようなFakeRAID管理はできません。

 

ところで、こうしてFakeRAIDを使えるようになったんだけど…   
Fedora12とOpenSUSE11.2とでは挙動が異なります><

 

Fedora12では、ナゼかdmraidをむりやりmdadmで管理しようとするのです><   
OpenSUSE11.2では、/dev/mapper/配下で管理できるのですが…   
このあたりは、Fedora12の方がオツムが悪いとしか云えないかなぁ><   
本格的なRAID管理ソフトがないのでmdadmで代用しようという考えかもしれませんが、それにしても遅い><   
OpenSUSE11.2のように/dev/mapper/配下の方が高速にアクセスできるようです^^♪

 

そんなこんなで、OpenSUSEに移行しつつあります。   
これからは、「Fedoraで四苦八苦」が「OpenSUSEで四苦八苦」になると思います^^♪

かつてアップしたmdadm編はこちら↓

fedora 8 で四苦八苦 raid編

週末雑貨 affilie   

« Fedora 12 で四苦八苦 | トップページ | OpenSUSE 11.3 で四苦八苦 インストール編 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222630/47693983

この記事へのトラックバック一覧です: Fedora 12 で四苦八苦 dmraid編:

« Fedora 12 で四苦八苦 | トップページ | OpenSUSE 11.3 で四苦八苦 インストール編 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ