友人

AMAZON

  • AMAZON
無料ブログはココログ

« Fedora 10 で四苦八苦 環境構築編 grub編 | トップページ | Fedora 10 で四苦八苦 環境構築編 nVidia(VGA)編 »

2009年3月 8日 (日)

アップル NehalemベースのXeonをデュアル搭載した新Mac Proを発売

Wintel」向けよりも一足早くにアップルNehalemベースのXeonを最大2つ搭載する「Mac Pro」を新発売した。

特徴はなんと云っても…「Core i7」以降では初となるNehalemシリーズを採用したとされる「Xeon 3500系」「Xeon 5500系」を搭載しているところだろう。

また、今回の発売は相も変わらずな「抜け駆け」発売でもあろう…。

米国インテルの公式ページにおいて「Xeon 3500系」と「Xeon 5500系」の製品情報はアップされておらず、最新でも「Xeon 3400系」と「Xeon 5400系」になっている。
気になるところでは、「Xeon 7500系」の発売時期にもあると思う。
現行の「Xeon 7400系」は、「Core i7」以降に発売されているためです。

今回の新発売された「Mac Pro」のうち、デュアルXeonにできるのは「Xeon 5500系」の方だけのようです。
つまり、「Xeon 3500系」ではデュアルは非対応になっているのかどうかすらも不明な状況です。
Xeon」系はサーバー用途とされ、デスクトップ用途となる「Core i7」系とは一線を画す製品群と思っているので、「Xeon 3500系」にした意図が見えない。

また、「Wintel」陣営ではデュアルLGA1366ボードすら皆無な状況と思える。
そんな中でデュアル「Xeon 5500系」の発売ですから…驚いたほかは無い。

Mac Pro」の特徴のもう1つがQuad SLIにある。
スペックを読むと、「nVidia GeForce GT120」を4枚搭載可能とされている。
Wintel」では「nVidia GeForce GTX280」とかの200番台を使用しているだけに気になる相違点でもあります。

もっともMacは買う気がないので技術的な肴にする程度な私ですが…。

それにしても…8コアでHT技術による仮想16コアですか…。
強烈なマルチスレッド実行環境には変わりないなぁ~夢

アップルストア」では受注が開始され、「デュアルXeon」の納期は6日間とされています。
予約とかではなく、通常販売の状況ですので飛びついた方の情報アップに期待したい…他力本願w

Mac Pro
(http://www.apple.com/jp/macpro/)

Apple Store
(http://store.apple.com/jp/browse/home/shop_mac/family/mac_pro)

アップル、Nehalem Xeon+GeForce GT 120搭載のMac Pro
(http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0304/apple03.htm)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

« Fedora 10 で四苦八苦 環境構築編 grub編 | トップページ | Fedora 10 で四苦八苦 環境構築編 nVidia(VGA)編 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222630/44282004

この記事へのトラックバック一覧です: アップル NehalemベースのXeonをデュアル搭載した新Mac Proを発売:

» LGA1366、X58マザー、ASUS P6T DELUXE [自作BTOパソコン、パーツ通販、販売]
LGA1366、X58マザー、ASUS P6T DELUXE [続きを読む]

« Fedora 10 で四苦八苦 環境構築編 grub編 | トップページ | Fedora 10 で四苦八苦 環境構築編 nVidia(VGA)編 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ