友人

AMAZON

  • AMAZON
無料ブログはココログ

« Cygwin で四苦八苦 XDMCPでFedora8に接続する-指定ウィンドウサイズ- | トップページ | 東芝の新型REGZAに見る「超解像技術」の仕組と次世代技術 »

2008年11月 8日 (土)

VIAの新型CPU「Nano」搭載のマザーボードが発売された模様

 「VIA」のCPUC7」の後継にあたる新型CPUNano」を搭載したマザーボードVB8001」が発売された模様です。

 構成からすると、「C7」を搭載したVIAマザーボードVB7002」のCPUを「Nano L2200 1.6GHz」に換装したような感じです。

 詳細な構成は記事末のリンクを参照して欲しい。

 気になるところは先行するAtomとの違いとなりますが、シングルコアとなるAtom230よりは優位にあるようですが、デュアルコアとなるAtom330との比較は発見できていません。

 しかし、マザーボード構成では、PCIexpress x16を搭載し、DDR2メモリスロットを2スロット用意してくれるのは便利に思う要素です。
 とりわけ、デスクトップのネットトップPCではなく、サーバー用途で考えてみると、ファンレスVGAを別途搭載することができ、値段的に優位となっている2GBx2=4GBを搭載できるのは有り難い部分です。

 先行するシングルコアAtom230よりも消費電力が大きいようですが、パフォーマンスに見合っているとも思え、PCサーバー用途やセカンドマシンとして選択するだけの余地は十分にあると思えます。

 ただ気になる部分は、ストレージに対する弱さだろう。
 標準では、SATAx2ポート、PATAx1ポートであり、PCIexpress x16の1ポートのほか、対応するカードが少ないMini PCIが使い難い裏面に配置されており、smbなどのファイルサーバー用途では不向きのようです。

 うぅ~む、このあたりが改善されると御自宅サーバー用途では訴求力を持つだけに残念な仕様とも思えました。

VB8001 Mini-ITX ボード
(http://www.viatech.co.jp/jp/products/mainboards/motherboards.jsp?motherboard_id=711)

VIA Nano™プロセッサ
(http://www.viatech.co.jp/jp/products/processors/nano/)

低消費電力と高性能のバランスが取れたVIAの「Nano L2100
(http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0730/ubiq222.htm)

VIAの新型CPU「Nano」を搭載したMini-ITXマザー! VIA「VB8001」発売
(http://akiba.kakaku.com/pc/0811/05/210000.php)

C7後継の「Nano」搭載のMini-ITXマザー「VB8001」デビュー!
(http://ascii.jp/elem/000/000/186/186190/)

VIAの新CPU、「Nano」を搭載したMini-ITXマザーが発売に
(http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20081108/etc_via.html)

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

« Cygwin で四苦八苦 XDMCPでFedora8に接続する-指定ウィンドウサイズ- | トップページ | 東芝の新型REGZAに見る「超解像技術」の仕組と次世代技術 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222630/43050055

この記事へのトラックバック一覧です: VIAの新型CPU「Nano」搭載のマザーボードが発売された模様:

« Cygwin で四苦八苦 XDMCPでFedora8に接続する-指定ウィンドウサイズ- | トップページ | 東芝の新型REGZAに見る「超解像技術」の仕組と次世代技術 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ