友人

AMAZON

  • AMAZON
無料ブログはココログ

« 小粒だけどピリリと〆るHTML/CSS/XHTML/スクリプト第6弾 | トップページ | 時代は経っても基本は同じ…PCアーキテクチャ »

2008年10月21日 (火)

nVidia Quadro CXを発売した模様です

 「nVidia」は、Adobeの新スイーツ「Creative Suite 4(CS4)」向けに特化させたビデオカードQuadro CX」を発売した模様です。
 価格は1,999US$となっており、日本では25万円程度になると思います。

 もっとも、nVidiaQuadro」シリーズは、ワークステーション向けの業務用途だけに一般ユーザーは手を出さないシロモノです。
 しかし、趣味としてAdobeを使っている方には「高値の華」でも欲しい逸品になるものと思います。

Quadroシリーズは、高額なだけに万能と思われるかもしれませんが、さにあらず…をわきまえておきましょう。
 少なくとも3Dゲームをプレイする環境は業務には不要なので、他の機能を見ることになろうかと思います。

 業務用途で欲しいのは、やはり安定性と寿命と思われます。
 これを左右するのが使用されているパーツ…とくにアナログのパーツなのですが、どれも厳選されたものを使っているハズです。
 また、発色も重要なところと思いますが、こちらは不明です。

 とはいえ、これだけの値段になると…やはり3Dゲームでの使用を期待しちゃいますねぇ。

Adobe Creative Suite 4向けのビデオカード
(http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1017/nvidia.htm)

Quadro CX
(http://www.nvidia.com/object/product_quadro_cx_us.html)

NVIDIAAdobe:クリエイティブなパートナー
(http://www.nvidia.jp/object/adobe_jp.html)

 余談ですが、CS4では普通のGeForce GPUでも一部の機能は実行できるようです。
 上の日本語サイトを見てください。

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

« 小粒だけどピリリと〆るHTML/CSS/XHTML/スクリプト第6弾 | トップページ | 時代は経っても基本は同じ…PCアーキテクチャ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222630/42856160

この記事へのトラックバック一覧です: nVidia Quadro CXを発売した模様です:

« 小粒だけどピリリと〆るHTML/CSS/XHTML/スクリプト第6弾 | トップページ | 時代は経っても基本は同じ…PCアーキテクチャ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ