友人

AMAZON

  • AMAZON
無料ブログはココログ

« ロジクール、超薄型のハイエンドキーボード、「ロジクール イルミネートキーボード」を発売 | トップページ | LPI-JAPANがLinuxの基礎を学ぶための教材「Linux 標準教科書 Ver.1」を無償公開しました »

2008年9月20日 (土)

PCで使う単位や換算をまとめてみました

 訳あってケータイ向けのPDFを作ろうとした際のことです。
 制作環境がOpenOffice.orgWriterであったのでpixel指定で文書が作成できず、四苦八苦…泣。

 

Adobe謹製のAcrobatがあれば楽々なんだろうけど、そんな高級品は買えません。

 そこで近似で良いのでムリヤリ作ってやろうと、解像度に関する資料を漁りました。

 その際に、「探す旅に苦労するなら、いっそ作ってしまえ…」と思い、作ってみました。

 ちなみに、P905iの縦長スタイルでフル画素対応のPDFの場合は、センチメートル指定になると、「横3.89cm X 縦6.86cm」という算出になります。
 本来なら、こうした速算表を用意すれば良いのですが、そこまでは完成しきっていません。

 まずは主要な画素数やら、大きさやらをまとめています。

 なお、ケータイPDFを意識して作成していますが、docomoの場合はチョイと特殊なPDFらしいので素直に表示されるかまでは確かめていませんが、想定使用環境としてはP905iにしてみました。
 それでも、docomo謹製のエミュレータIIでは正常に表示できました。

 

OOoでは索引機能が上手くないので目次は当てていませんが、「しおり」は使えると思います。

 完成しきっておりませんが、「便利」と思ったら宣伝よろしくです。
 というか~まんまダウンロードして自身のサイトで配布しても構いません。
 直リンクと編集は禁止とさせていただきますが、配布は自由にどうぞ。

「pc01.pdf」をダウンロード
(http://affilie.cocolog-nifty.com/blog/files/pc01.pdf)

 計算通りに906iシリーズでも上手く表示できると嬉しいのですが…。

 アップできたところで早速にP905iのAdobe Reader LEで表示させてみました。

 結果は…ガァ~ンです。

 文字はキチンと表示できていましたが、縦横の比率設定が甘く、やや縦長となり横に空白が出来ています。

 また、拡大率も331%で適正…謎

 でも、修正すべきポイントが見つかったので、今度もアップしていきます。

週末雑貨 affilie
(http://affilie.ntym.net/)

« ロジクール、超薄型のハイエンドキーボード、「ロジクール イルミネートキーボード」を発売 | トップページ | LPI-JAPANがLinuxの基礎を学ぶための教材「Linux 標準教科書 Ver.1」を無償公開しました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222630/42537836

この記事へのトラックバック一覧です: PCで使う単位や換算をまとめてみました:

« ロジクール、超薄型のハイエンドキーボード、「ロジクール イルミネートキーボード」を発売 | トップページ | LPI-JAPANがLinuxの基礎を学ぶための教材「Linux 標準教科書 Ver.1」を無償公開しました »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ