友人

AMAZON

  • AMAZON
無料ブログはココログ

« Fedora 9 で四苦八苦 環境構築編 日本語入力 scim | トップページ | Fedora 9 で四苦八苦 環境構築編 xdmcp その1 »

2008年5月18日 (日)

Fedora 9 で四苦八苦 環境構築編 日本語KDE

 今回の「Fedora9で四苦八苦 環境構築編」は前回迄も記載していましたKDEの日本語化です。
 gnome派の方には不要ですが、KDE派の方にとっては必須な環境設定で、私のところでも必須となりました。

 Fedora8(KDE3.5)ではインストール時点から日本語KDEを入れ込む必要がありましたが、今回のFedora9(KDE4.0)では後から日本語化を行うもので、Fedora8のように後入れでもコケることがありませんでした。

 まずは次のコマンドで日本語サポートを一気にインストールします。

  • su -c "yum groupinstall japanese-support"

 "アプリケーションの追加/削除"からも選択しながらインストールできますが、これまた前回迄も記載したように操作性が悪く、root以外の一般アカウントでログインした状態でsuになってからでないとインストールできない優れものです。

 次にKDEスタートメニューから"computer"-"systemsettings"を選択し起動させます。起動したら、regionを選択し起動させます。
 Localeタブ内にあるregion:defaultをjapaneseに変更し、addlocaleボタンでjaを選択し、ウィンドウを閉じれば日本語KDE化は終了です。

 あとは一度ログイン画面に戻り、CTRL+ALT+BackspaceキーでXを強制再起動させてセッションをKDEにしてログインしてみてください。
 日本語化されたKDEが起動すると思います(私の所は正常起動しています)。

« Fedora 9 で四苦八苦 環境構築編 日本語入力 scim | トップページ | Fedora 9 で四苦八苦 環境構築編 xdmcp その1 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、

日本語化に本当に苦労してまして、
まさか無いと思っていた情報が詳しく掲載されていたので助かりました。

ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222630/41244528

この記事へのトラックバック一覧です: Fedora 9 で四苦八苦 環境構築編 日本語KDE:

« Fedora 9 で四苦八苦 環境構築編 日本語入力 scim | トップページ | Fedora 9 で四苦八苦 環境構築編 xdmcp その1 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ